メンバーインタビュー

SPOTLIGHT

メンバー
インタビュー

「前田さんが頑張るから、
私たちも頑張れる」。
その言葉と、前へ進む。

前田直孝
シニアスタッフ
2016年 キャリア入所

志望動機

転職だから見えた、
自分らしい規模感。

2回目の会計士試験に落ちたあと、国税局に就職しました。その後、3度目の正直で合格し、三優へ。いくつもの監査法人の中から三優に決めた背景には、国税局での経験がありました。

国税局で過ごした5年半は実り多いものでしたが、組織の規模と自分の志向にミスマッチも覚えました。国税局の職員は約5万人。自分がいなくても仕事は回ります。また、どこに配属されるかによって成長の方向が決まってしまう怖さもあります。せっかく転職するなら、自分の存在意義をはっきり感じられる監査法人に入りたい。そして、5年半のブランクを取り戻せるくらいスピーディに成長したい。三優の決め手は、ほどよい規模感と、学びの濃いIPO支援に力を入れていること。ただ、もしストレートに合格して、自分らしさや成長への意欲を自覚しないままだったら、深く考えることなく大手を選んでいたかもしれません。そう思えば、大きな意味のある回り道だったのだと感じます。

仕事の魅力

自分の頑張りが、
クライアントの勇気に。

三優に入ってからは期待通り、短期間で濃い経験ができています。ほぼゼロベースで監査業務に取り組み始めた上、リクルーティング活動など幅広い業務にも手を伸ばしているので、慌ただしさを感じることもあります。それでも前向きでいられるのは、周囲からのフォローが手厚く、クライアントに認められる嬉しさをたびたび味わえるからだと思います。

例えば、とある上場企業。新たな会計基準を採用することになり、非常に手間と時間がかかるプロセスをご一緒しました。追い詰められながらもどうにか決算を乗り越えたのですが、先方の担当者からは「前田さんがうちのために頑張っているのがわかったから、応えようとこちらも頑張れました。ありがとうございます」という言葉をいただきました。本当に嬉しかったですね。そのクライアントは、三優がお手伝いして上場したのがほんの数年前。ベンチャーの面影を残したフラットな社風のクライアントが多いことも、頼られやすい理由のひとつかもしれません。

会社の魅力

不安をスピーディに
解消し、
クライアントを
リードする存在へ。

会計士は、クライアントにとって常に心地のいい存在とは限りません。耳の痛い指摘をしたり、負担のかかる作業をお願いしたりする場面もあります。だからこそ、常に効率的な手法を模索しながら、クライアントと強い信頼関係を築いていくことが大切です。

三優にはロールモデルとなる先輩がいます。その先輩を間近で見ていて、特に見事だと感じるのは交渉場面です。問題点を目ざとく見つけ、クライアントを巻き込みながら解決していく力。テクニックというよりも「クライアントにとって何が嬉しいか」を徹底的に考え、実行している姿勢が伝わっているのでしょう。先輩からのアドバイスで印象に残っているのは「なるべく現場で解決すること」。コンパクトなチームで動き、現場に大きな裁量がある三優では、上の判断を仰がなくとも行動できる利点があります。それを最大限に活かすことで、クライアントの不安をすばやく解消できる。私たち会計士にとっては、一人ひとりが認められる機会が増える。まだまだ一人前とはいえない私ですが、この環境の中で自分を鍛え、クライアントを一歩リードできるような会計士になるために奮闘しています。

OTHER MEMBER

.