ホーム
chevron_rightメンバー
chevron_right

前田 直孝

SENIOR STAFF

前田 直孝

何事にもチャレンジできる環境が整っており、日々自分自身の成長を実感できます。

前職での経験

私は大学卒業後、東京国税局管内の税務署で約5年半勤務し、主に、相続税や贈与税といった資産税の調査に携わってまいりました。調査では、税法だけでなく、民法や行政法、過去の裁判例など幅広い知識が必要になります。特に難しい調査では、事実認定を積み重ね、証拠を収集し、課税要件の判定を行い、慎重に課税処分を行う必要があるため、プレッシャーもありましたが、専門性が高く、やりがいがありました。
しかしその一方で、年次を重ねるごとに、国税という巨大な組織の中で、自身の思い描くキャリアと現実とのギャップに悩まされることになり、また、会計士試験に合格したのに監査未経験のままで良いのかとの思いもあったため、思い切って転職をすることを決断しました。

三優監査法人に入所してみて

私は転職を考えるに際し、転職先に対する優先順位として1)仕事内容、2)職場環境の2点を考えておりました。
三優監査法人では、自分の希望次第で早い時期からインチャージ経験など責任ある仕事を任せてもらえること、また部門間の垣根が低く風通しの良い社内であるという点に魅力を感じ、入所を決めました。
実際に、三優監査法人に入所してみて、やる気があれば何事にもチャレンジできる環境が整っており、優秀な仲間と切磋琢磨しながら、日々自分自身の成長を実感できています。
合格してから数年経っており、監査未経験で入所することに不安もありましたが、困ったときは、先輩や同僚と相談しながら一人で悩むことなく仕事を進めていける環境なので、そういった不安も入所してすぐに払拭されました。

将来へ向けて

入所して以来、上場会社など数社の監査業務に携わってまいりました。
今後は、三優監査法人の強みでもあるIPO業務など、クライアントと一体となって取り組んでいける業務に挑戦していきたいと思っています。
まだまだ駆け出しのスタッフですが、クライアントから信頼される会計士を目指して、日々研鑽していきたいと思います。