IPO支援というアイデンティティ

IPO支援という
アイデンティティ

IPO SUPPORT

三優の主戦場ともいえる「IPO(株式上場)準備監査」。
想いを持った企業が資本市場にデビューし、国内外へと飛躍する姿を
見つめ続けてきました。監査法人業界のベンチャーとしてスタートした
私たち自身のDNAもまた、IPOのフィールドにあります。

What's IPO?

「広く資金を調達したい」「知名度や信用度を上げたい」「優秀な人材を振り向かせたい」…さまざまな理由から、企業は株式上場をめざします。そのハードルは高く、とりわけ困難なのが、企業にとって最適な会計基準を選択・適用することと、上場企業にふさわしい管理体制を確実に構築すること。そこで、上場を希望するタイミングの何年も前から、私たち監査法人がしっかりと寄り添い、指導を行っています。

What's IPO?

IPO支援は、
会社と社会への応援です。

株式上場は、資金や人材の充実によって、発展途上の企業が温めてきた新しいビジネスを社会に送り出すためのプロセスでもあります。画期的な製品やサービスが形になり、社会を席巻し、次世代のリーディングカンパニーへと飛躍する。そんな出来事がたくさん起きれば、日本はもっと元気になれる。だからこそ私たちは、IPO支援に力を入れつづけています。

What's IPO?

会計士も、
上場で大きくなれます。

新たに上場をめざす企業では、さまざまなルールを手探りで整えていくことになります。会計士はパートナーとして、時には指導的立場として、経営者を含むクライアント側のさまざまな人々と信頼関係を築き、ひとつひとつの課題を粘り強く解決。幅広い知識と視野、問題解決能力、コミュニケーション能力が総合的に求められる、またとない成長の機会です。

What's IPO?

もちろん、
あなたにもお願いします。

入所した監査スタッフのほぼ100%が「IPO支援」と「上場企業の監査業務」を両輪で経験します。これは、IPO支援に強く、しかもベンチャー企業のクライアントが多い私たちならではの特徴。若手の一人ひとりにしっかり目を行き届かせ、その人に合ったきめ細やかな指導を行える規模と社風ももちろん関係しています。この環境を目指して、転職してくる会計士も少なくありません。

What's IPO?

DATA

9年連続でIPO支援実績あり
顧客の約50%がIPO支援関連

DATA
IPO支援というアイデンティティ
.