業務内容 監査・上場支援からコンサルティング業務まで三優が取り組む総合支援サービスのご紹介

三優監査法人が取りあつかう「業務」範囲は多岐に渡ります。

監査・保証業務 / 株式上場支援業務 / IFRS導入支援サービス業務 / システム監査・内部統制評価業務
ファイナンシャルアドバイザリーサービス業務 / グローバルサービス業務 etc

そのすべてにおいてBDOグループのネットワークを最大限生かした世界水準のサービスをご提供しています。

監査・保証業務

企業とそのビジネス環境を理解したエキスパートによる国際水準の監査を提供します。

財務諸表監査(四半期レビュー含む)

企業が作成する連結財務諸表等が、その利用者の判断を誤らないレベルのものとなっていることを、専門家である私たち監査法人が保証するものです。企業自体の徹底的な理解はもとより、企業を取り巻く環境も的確に把握し、国際水準と同等のサービスを提供しています。

内部統制監査

財務諸表監査を行うためには、内部統制の有効性の検証が不可欠です。経営者には内部統制の整備・運用に関する責任があり、内部統制の有効性を自ら評価し、その結果を内部統制報告書として公表しなければなりません。その報告書の適正性を私たち監査法人が監査します。また、内部統制の構築・整備から運用まで、幅広い知識と経験を有する専門家チームによる支援も行います。

国際水準と同等のクオリティサービス

BDOが提供する監査メソッドにより、国際水準と同等のクオリティサービスを提供しています。それぞれの企業に合ったリスクアプローチを選択し、効率的な監査業務を行うと共に、高品質のサービスを提供します。

その他の保証業務

コンフォートレター作成や、鑑定評価、コンプライアンス検証業務、その他財務情報レビューなどのサービスもフレキシブルに対応し提供しています。
財務諸表監査の流れ 監査チームの構成と役割

株式上場支援

最善のストーリーを設定し、万全の支援体制で国内すべての市場の株式上場を支援します。

調査報告書による問題点の抽出、改善案、アクションプランの提示

企業が株式を上場するには、その方針決定後、監査法人による上場準備調査(ショート・レビュー)を受ける必要があります。調査報告書により、株式上場に向けた現状での問題点を整理し、そのための改善案、具体的なアクションプランをご提示することにより、スピード感を備えた目標をイメージできるようにします。

社内体制整備と管理システムの確立

アクションプランを実行しても、各社の状況によりスケジュールの遅延や変更はありがちです。進捗状況に合わせて柔軟にスケジュールを修正し、着実に社内体制の整備、内部統制制度の構築、管理システムの確立を進めていただきます。

成長のための総合的サポート

課題によっては自社だけで解決できないこともあります。そのため私たちはグループでトータルなサービスをご提供できるよう、総合的なサポートを行っています。

国内すべての市場での株式上場をバックアップ

各証券取引所の1部2部市場、ジャスダックはもとより、JASDAQ・NEO、マザーズ、セントレックス、Q-Board等の新興市場、グリーンシート登録、東京AIMまで、国内すべての市場での上場をバックアップできる体制を整えています。

海外市場への株式上場をサポート

市場がグローバル化している昨今、商品・サービス展開のみならず、資金調達を目的として海外市場への上場を目指す企業も増えています。BDOグローバルネットワークを活用し、海外市場への円滑な上場をサポートします。
株式上場のためのタイムスケジュール

ファイナンシャルアドバイザリー業務

M&Aアドバイザリーサービス、財務デュー・デリジェンス、企業価値評価(バリュエーション)、
企業再編支援等の多様なニーズに幅広く対応できる支援体制を整え、企業価値向上のための経営戦略をサポートします。

M&Aアドバイザリーサービス

多くの場合M&Aは企業にとって重要な戦略的施策に位置付けられておりますが、経常的な業務ではないため不測の事態が発生するリスクがあります。 そこで、経験者によるナビゲーションにより、M&Aの戦略作成から実行、実行後の統合まで、それぞれのステージで要求される作業を効果的にサポートする業務です。

財務デュー・デリジェンス

財務デュー・デリジェンスは、M&A等組織再編の過程で行う調査対象会社の財務調査業務です。資本提携やM&A等は会社の将来を左右する重要な戦略です。特にグループ外の会社間で資本提携やM&Aを行うに当たっては、相手の企業がどのような企業かを十分に知る必要があります。そこで通常は財務デュー・デリジェンスを行い、相手の企業がどのような企業でどのような強み・弱みがあるか財務面からの調査を行います。財務デュー・デリジェンスの範囲や方法は個々の依頼ごとに異なりますが、一般的には財務諸表の調査からスタートしますので、財務諸表監査で数多くの経験を積んだスタッフが実施をするケースが一般的です。

企業価値評価(バリュエーション)

資本提携やM&A等においては、買収価格がいくらになるかも戦略的意思決定上重要な要素となります。一般的にはこの買収価格の決定を企業価値評価(バリュエーション)と呼び、ファイナンシャルアドバイザリー業務で頻繁に行われています。企業価値評価は画一的な計算式で算定されるものではなく、評価対象会社の置かれている状況や企業価値評価の利用目的で算定方法・結果が異なります。また過去情報のみならず、評価対象会社の事業計画等も利用しながら投資価値を算定するため、評価対象企業やその企業が属する業種・環境に対する深い理解が求められます。
一般的なM&Aの流れ

グローバルサービス

世界各国に事務所を有するBDOメンバーファームとして、BDO三優グループのBDO税理士法人、
BDOコンサルティング株式会社、並びに各国BDOのネットワークファームとともに、幅広いクライアントのニーズにお応えできる体制を整えています。

監査・調査

各国での報告目的の監査、連結関係会社の監査を一元的に行います。またM&A、国際的業務提携、ロイヤリティー等国際取引を行う際に必要となる監査・調査・評価等を行います。

海外での株式上場、資金調達支援

海外における株式上場や資金調達を成功させるには周到なリサーチとプランが必要とされます。私たちは海外のBDOメンバーファームと共に、成功までのすべてのステージにおいてクライアントをサポートします。

国際的税務サービス

経済のボーダーレス化が急速に進んでいる状況下にあって、企業にとって税務問題への対応は、重要な課題の一つとなっています。BDO三優グループの税理士法人及び各国のBDOのネットワークを通じて、国際税務等複雑化する税務諸問題に的確かつ迅速に対応します。

その他海外戦略支援

国際的な企業・業界再編が進む中、ジョイントベンチャー・提携は機動的な海外進出の手段として、業務の国際的効率化の手段としてますます重要性を増してきています。このような協業、海外戦略を視野に入れたM&A、会社分割等企業再編の際の様々な支援サービスを提供しています。

IFRS導入支援サービス

BDOのノウハウを応用し、安心してIFRSの導入を進めていただけるよう、
現状分析から、導入・改善プロジェクト管理、文書化の推進に加え、教育研修等まで幅広く支援サービスを提供いたします。
IFRSの導入にあたっては、中期的展望に基づく実行計画とその効率的かつ着実な整備・運用が重要です。
私たちは、そのような企業のIFRS導入を支援するために、IFRS推進室を設置して以下のような特徴及び内容の専門的サービスを提供します。
  • ヨーロッパ各国のBDOでは、2005年度より先行して適用が始まったIFRSについて、既に数多くの事例とノウハウを有しています。私たちは、このノウハウを日本にも応用し、企業が安心して導入準備を進めていただけるよう、サポート体制を整えています。
  • IFRSを導入することによる企業の財務内容及び財務情報システムに与える影響を事前に調査し、IFRSに準拠するための具体的な会計処理の例示及び財務情報システムの改善支援を行っています。
  • 企業がIFRSに基づく適切な会計処理・財務諸表開示のために参考となる標準的な様式(標準的な開示様式案、会計マニュアルや実務ガイダンス)や当該基準等の準拠性を確認するためのチェックリストを利用し、IFRS導入に当たっての現状認識や問題点の把握、IFRS適用のための企業の事業や業務に適合した文書化が促進できるよう助言します。
  • 企業がIFRSを導入し、適用していくために必要と考えられる、関係する従業員の皆様に対する一般的な教育・研修のサポート、並びに教育企画についての助言及びその企画による教育活動を支援します。

システム監査・内部統制評価

企業のIT管理の向上を総合的にサポートします。

システム監査

今日の業務はITなくしては考えられず、ITの活用方法如何が企業の業績に大きな影響を与えています。一方、ITはますます高度化、複雑化し、且つ広範囲に拡大しており、その信頼性・安全性の確保は企業のみならず、社会的にも重要な課題となっています。当然ITの管理統制にも高度化が求められていますが、その実現は容易ではありません。
私たちは会計監査、内部統制監査におけるIT統制評価の豊富な知識と経験を踏まえ、企業のITの信頼性・安全性・効率性について分析・評価を行い、適切なIT管理の具体的方法について提案を行うとともに、企業のITの改善サポート、IT利用にかかる問題解決を多角的に支援します。

内部統制評価

金融商品取引法に基づき内部統制報告制度が導入され、企業運営におけるIT利用方針、また業務プロセス運用におけるIT利用について評価・監査を行うことが求められています。
私たちは、企業のIT全社統制、IT全般統制、IT業務処理統制について評価を行うとともに、企業のIT管理の向上を統合的にサポートします。

内部監査サポート

株式上場を目指す場合に限らず、企業の成長過程において企業内に内部牽制の仕組みを作ることと共に、内部監査の制度を組み込むことが重要になってきます。
しかし社内だけで内部監査を実施することは人的にも組織的にも困難を伴います。
私たちは監査法人としての豊富な経験に基づき、内部監査の具体的実施方法について、内部監査人の皆様をサポートし、社内で内部監査が定着し、改善できる仕組みの構築を支援します。