三優の人々 #02 色々な仕事に携わりたい、早く成長したい人へ。三優は魅力的な環境だと思います。

SATO HIROYUKI 佐藤 啓行 2013年入所

  • 2013年 三優監査法人入所
PRIVATE DATA
趣味:料理
最近はまっていること:食器屋さんのウィンドショッピング
好きな食べ物:和食
好きなお酒:お酒は苦手
好きな音楽(ジャンル):好きと思った音楽がタイプ
好きな4文字熟語:自由奔放
あなたは朝型?夜型?:朝型
あなたはコーヒー派?紅茶派?:コーヒー派

ヨーロッパの日本大使館で料理長として働く

私は父が料理人であったこともあり、高校卒業と同時に料理の世界へ飛び込みました。赤坂の料亭で5年間の下積み経験の後、実力を認められデンマークにある日本大使館の料理長として働きました。日本大使館では2年半勤め、その後ヘッドハンティングによりデンマークのレストランで更に2年間料理長として勤務しました。
料理人時代に学んだことは、「チームワークの大切さ」です。洗い場から、食材の仕込み、調理、盛り付け、配膳のどれが欠けてもお客様に料理は届きません。アツアツの料理をベストタイミングでお客様に提供するためには、各人が能力を十分に発揮するとともに絶妙なチームワークが必要です。それができたときは、料理人としてこの上ない喜びを感じる瞬間でありました。

会計士への歩み

元々、高校で学んだ簿記に大変魅力を感じ、会計士という職業も将来の選択肢として考えたことがありました。料理人として10年間働いた後、自分の店を構えるか、父の跡を継ぐかなど、今後の人生の選択を迫られた時、このまま会計士への道に挑戦しないと必ず後悔すると思い会計士を目指すことを決意しました。
その後、会計士試験に合格し三優監査法人に入所しましたが、入所を決めたポイントは料理人時代に学んだ「チームワーク」です。三優監査法人なら、それぞれが重要な役割を担いプロフェッショナルとしての能力を生かしつつ、少人数であるからこそ活きるチームワークで仕事ができるのではと考えました。

将来へ向けて/受験生へのメッセージ

入所後は、上場会社から上場準備会社まで幅広く往査することになります。現場ごとにチームメンバーも異なりますので、特定の業種、特定のメンバーにとらわれず幅広い経験を得られます。さらにチーム構成が4~5人と小規模なため、代表社員や社員に直接指導していただける環境にもあります。また、働く時は集中して働き、休む時は旅行に行くなどしっかり休む、メリハリの利いた環境もあります。
色々な仕事をやってみたい、早く成長したいと願っている方にとっては、魅力的な環境だと思います。
就職活動を行うにあたり、これからどんな人と仕事がしたいのか、どんな自分になりたいのかをじっくり考えてみてください。法人説明会等には積極的に参加し、多くの監査法人・企業の方々とお話しする機会を作ってもらいたいと思います。きっと将来なりたい自分の姿が見えてくるはずです。