キャリア インタビュー#05 BDOの中において三優の存在感を高めていく活動に貢献したい

KISHI KENICHIRO 岸 賢一郎 パートナー / 2007年入所

  • 2001年 大手監査法人へ入所
  • 2007年 BDO税理士法人へ入所
  • 2012年 BDOシンガポールへ赴任
  • 2016年 BDO税理士法人へ帰任
PRIVATE DATA
趣味:旅行
日課:子供の歯を磨くこと
最近はまっていること:シンガポール国内を色々と回ること
好きな食べ物:お寿司
好きなお酒:ビール
好きな音楽(ジャンル):ゆず
好きな4文字熟語:一意専心
あなたは朝型?夜型?:朝型
あなたはコーヒー派?紅茶派?:コーヒー派

BDOシンガポールでの仕事

大手監査法人で6年間国内監査業務を経験した後、もともと税務業務に興味があったこと、また大手では無いところで幅広い業務を経験したかったため、BDO税理士法人に入所しました。BDOでは希望どおり、国内税務だけでなく国際税務も経験することが出来ましたが、国際業務を行っていく中で、英語での会議や電話はバイリンガルスタッフに頼ることが多く、自分自身の英語力を向上させる必要性を痛感したこと、また、海外でのビジネス習慣・文化を理解してみたいという気持ちから、海外勤務を希望しました。どの国で働くかに強い希望はなかったのですが、上司がBDOシンガポールを紹介してくれ、三優監査法人の社員の協力もあり、シンガポールで勤務する機会を得ました。今となっては、ビジネスのしやすさが世界トップクラスであり、世界各国の企業が数多く進出しているシンガポールで働く機会を得られたことを非常に感謝しています。

JAPAN DESKとして日本企業を支援

ジャパンデスクの主な業務は、これからシンガポールに進出する日系企業に対する支援業務と、既にシンガポールに進出している日系企業への監査・税務サービス等に関するコーディネーション業務です。ジャパンデスクは私が立ち上げたため、今までの前例が無く最初はどのように新規顧客を獲得すれば良いか悩みましたが、日本語のニュースレターを作成したり、セミナーやイベント等に参加することでネットワークが広がっていきました。新規顧客を取れたときは非常にやりがいを感じます。オフィス内には日本人一人ですので、英語も日本にいた頃よりは上達したと思いますし、会社設立、記帳代行、監査、税務、M&A等色々な分野に関与できることは、大手事務所では経験できないことだと思います。

将来へ向けて/受験生へのメッセージ

日本の会計士の能力的は他国の会計士に引けを取らないと思いますが、言葉の障壁で国際舞台での活躍が目立っていないと思います。私の今後の目標は、日本で日系企業の海外進出をサポートするとともに、外国企業の日本進出もサポートすることです。また、BDOの中において三優監査法人の存在感をさらに高めていく活動にも貢献したいとも思っています。私は学生時代英語が苦手で、監査法人にいた頃も全く英語を使わずに仕事をしてきましたが、三優グループに入ったお蔭で昔は夢にも思わなかったようなことを今チャレンジ出来ています。是非皆様と一緒に働けることを楽しみにしています。