IPO支援 “1社でも多くの企業を上場させる” 日本経済の発展をサポートする活動を

三優監査法人ではIPO支援に積極的に取り組んでいます。
1社でも多くの企業が上場できる様に、常に日本経済の発展を考え業務に取り組んでいます。

三優におけるIPO支援の位置づけ

「IPOを通して、中小・ベンチャー企業の成長を支援する」という創業理念をもとに、通常の監査とともに株式上場支援を業務の柱としてきました。これにより、IPO支援について豊富な経験を有する会計士が三優監査法人には、たくさんいます。
三優監査法人が担当したクライアントの中で、過去上場を果たした企業は、約50社と中堅監査法人の中では抜きんでた存在となっています。
また、IPO支援に携わった企業の業種は、メーカー、小売、飲食、不動産、システム開発、IT関連など多岐にわたっており、それぞれの企業に合わせたスピード感ある支援が三優監査法人の強みです。